複合機のリースを上手に利用するために

複合機の購入をお考えの方へ。
購入資金が足りないとお悩みではないですか?本格的にいい複合機を新品で購入となると500万円以上のコストがかかるというケースもあります。そんな大金をポンとすぐ出せる企業は少ないのではないでしょうか。

複合機の購入でコストの壁にぶつかっているならリースを利用するという方法があります。
リースは、リース会社が新品の複合機を購入し、それをレンタルするという方法です。借りられる複合機は通常のレンタルが中古中心なのに対してリースは新品だけです。そのため故障の心配も少ないですし、機能や性能も最新型。何よりも初期費用がかからないので、現金が一気に出ていきません。
またリース会社に月々支払う料金は経費として計上できるので、節税対策にもつながります

しかし、もちろんリースにもデメリットがあります。
一番のデメリットは中途解約ができないこと。リースの場合、固定の月額料金を契約時に決められた年数に渡って月々支払っていくことになります。なので、残債務を一括で支払わない限り、契約の途中で解約することはできません。

複合機リースにはメリットデメリットがありますで、よく理解した上でリース契約するか検討してみてください。