お得に印刷を依頼したいなら「いんさつ工房」がおすすめ

少しでも無駄をなくして経費削減につなげたい、これはどこの会社でも同じことを考えていることでしょう。小さなことでもコツコツと続ければ、かなりの無駄を省くことができます。自宅にコピー機がないという方も、印刷したいものがあったとき、できれば少しでも安いほうが嬉しいですよね。例えば学生ならサークル活動をしていれば、大量の印刷物が必要になることがあります。そんなときにおすすめしたいサービスをご紹介します。

格安のコピーのおすすめサイト>>いんさつ工房です。格安な値段でコピーをしてくれる「いんさつ工房」は、すでに利用している方も多く、だからこそ格安な値段で利用できるのでしょう。いんさつ工房を利用するメリットは「コピーサービス料金が安いこと」「見積もりが無料で利用できること」「ページ揃えや紙折、ホチキス止めなどのサービスがあること」「即日翌日発送対応が可能なのこと」です。特にページ揃え、紙折、ホチキス止めは非常に人気のあるサービスで、印刷物が届いたらすぐに配布できると評判になっています。

ページ上部には、サービス内容、料金表、注文の流れ、無料見積もり・入稿と項目がありますので、利用する前にすべてに目を通しておきましょう。例えば料金表では、白黒印刷や2色印刷、フルカラー印刷、オプションなどの細かい料金が表示されています。

複合機のリースを上手に利用するために

複合機の購入をお考えの方へ。
購入資金が足りないとお悩みではないですか?本格的にいい複合機を新品で購入となると500万円以上のコストがかかるというケースもあります。そんな大金をポンとすぐ出せる企業は少ないのではないでしょうか。

複合機の購入でコストの壁にぶつかっているならリースを利用するという方法があります。
リースは、リース会社が新品の複合機を購入し、それをレンタルするという方法です。借りられる複合機は通常のレンタルが中古中心なのに対してリースは新品だけです。そのため故障の心配も少ないですし、機能や性能も最新型。何よりも初期費用がかからないので、現金が一気に出ていきません。
またリース会社に月々支払う料金は経費として計上できるので、節税対策にもつながります

しかし、もちろんリースにもデメリットがあります。
一番のデメリットは中途解約ができないこと。リースの場合、固定の月額料金を契約時に決められた年数に渡って月々支払っていくことになります。なので、残債務を一括で支払わない限り、契約の途中で解約することはできません。

複合機リースにはメリットデメリットがありますで、よく理解した上でリース契約するか検討してみてください。